車椅子階段昇降機について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

足元が不自由な方や、高齢者など階段の昇り降りの際に負担が掛かる場合に階段昇降機は、欠かせない機器の一つです。車椅子式であれば座ったまま使用できるため、移動時の負担を抑えることができます。
車椅子階段昇降機の設置場所は、個人宅だけでなく駅や福祉施設など様々な所にあります。特に今後も少子高齢化社会が進むため、需要は高まるでしょう。病気を患っていたり、骨折などの怪我をしている方にも使用する機会があります。介護が必要な家族がいる場合では、生活の負担軽減が図れる点も心強い要因となっています。
ただし、一人で使用する場合では機器の操作に慣れておかないと転倒などの怪我に繋がりかねません。家庭の場合、慣れるまでは家族や取扱店スタッフなどがサポートをすることが必要になります。公共施設など他者がいる場合も、身近にいる方に依頼すると怪我の防止を図ることができます。

生活環境の改善を図ることができます

高齢者福祉の仕事は、ホームヘルパーや福祉施設があります。それぞれ車椅子で生活をしている介護者がいて、階段昇降機があれば移動の負担を抑えられるため、スタッフの負担も抑えられます。
介護者は1階以外の上階で生活をしている場合では、階段の昇り降りをする機会を減らすため1階での生活を勧める場合もあります。一方、上階での生活に慣れていたり、好んで過ごしている場合も少なくありません。支援者を含めて車椅子階段昇降機を安全に使用することで、介護者の生活への支障を最小限に抑えられます。生活環境の改善を図ることができると、心身のケアにもなるでしょう。

車椅子階段昇降機をレンタル利用のポイント

福祉施設や家庭で車椅子階段昇降機を新たに設置する場合は、相応に費用が掛かります。設置していても、使用頻度が少なければ場所をとり高い買い物となるでしょう。
怪我や病気の回復が見込める場合では、短期間での車椅子階段昇降機の使用で問題ないでしょう。レンタルでの利用も一つの方法となります。
一方レンタルの場合は介護保険が適用されませんから、概ね実費での支払いとなります。そのうえ、長期間の利用となれば購入時よりも費用がかさんでしまいます。通院をしている場合は、医療機関との相談が必要です。そのうえで、車椅子階段昇降機販売店に見積もりを依頼すると上手な買い物となりやすいです。プランを立てる際も、ライフスタイルにあったプログラムを立ててもらえる所だと安心です。