収納に気を付けたい車椅子階段昇降機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車椅子階段昇降機を設置する場合、有効幅は確認するポイントの一つです。直線タイプだと70cm、曲線タイプでは75cmが目安となっています。そのうえ、椅子やレール形状によっても幅も変わってきます。
特に築年数が経っている建物の場合は、階段幅を狭めな構造となっています。その分車椅子階段昇降機の設置が難しくなり、リフォームも必要となります。
近年では、車椅子階段昇降機は肘掛けや座面、足台などがついていますが折りたたむことで収納もできます。その場合は、35cmの幅使用で抑えられます。その他として、階段から少し離れた場所に停止位置を設けることも一つの方法です。介護者だけでなく支援者も一緒に生活をする場合は、場所をとらないため生活の際負担を軽減することができます。

収納幅の問題が改善されると良い点

近年では店舗や福祉施設などを利用をするにあたり、高齢者の利用が増えています。バリアフリー構造の建物も増えていますが、車椅子の介護者が階段利用する場合も悩みとなるでしょう。
車椅子階段昇降機の設置はスペースの確保も必要ですが、収納スペースがあれば、折り畳みができて多くの方が階段の移動をする際も障害にもなりません。家庭用以外にも、業務用の機器があります。エレベーターの設置も相応な時間と費用を要しますから、用途に合った機器の設置により快適な生活を送りやすくなります。
お客さんとして利用した際、車椅子階段昇降機があることで付加価値が得られます。上手に宣伝をすることができると、お客さんの幅が広がり売上アップにも繋がるでしょう。

撤去する場合も簡単だと手間が掛かりません

収納スペースを確保しつつ長年車椅子階段昇降機を使用した場合でも、様々な事情で撤去をすることがあるでしょう撤去作業は販売業者が行ってくれますが、簡単にしてもらえると手間と労力を削減することに繋がります。
一方、ホームエレベーターの設置をした場合、相応に大がかりな工事を行います。撤去をする場合も、専門業者が行うでしょうが空いたスペースの活用は物置や押し入れなどとなるでしょう。概ね車椅子階段昇降機と比較しても、掛かる費用と設計に掛かる時間を要します。
中長期的に建物での生活を必要とする場合は、可能な範囲先を見据えて各種設置をすることでコスパの高さが得られます。自身で研究することはもちろん、信頼できる業者との相談しつつ納得したデザインを選ぶ必要があります。