収納に気を付けたい車椅子階段昇降機
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車椅子階段昇降機を設置する場合、有効幅は確認するポイントの一つです。直線タイプだと70cm、曲線タイプでは75cmが目安となっています。そのうえ、椅子やレール形状によっても幅も変わってきます。
特に築年数が経っている建物の場合は、階段幅を狭めな構造となっています。その分車椅子階段昇降機の設置が難しくなり、リフォームも必要となります。
近年では、車椅子階段昇降機は肘掛けや座面、足台などがついていますが折りたたむことで収納もできます。その場合は、35cmの幅使用で抑えられます。その他として、階段から少し離れた場所に停止位置を設けることも一つの方法です。介護者だけでなく支援者も一緒に生活をする場合は、場所をとらないため生活の際負担を軽減することができます。

収納幅の問題が改善されると良い点

近年では店舗や福祉施設などを利用をするにあたり、高齢者の利用が増えています。バリアフリー構造の建物も増えていますが、車椅子の介護者が階段利用する場合も悩みとなるでしょう。
車椅子階段昇降機の設置はスペースの確保も必要ですが、収納スペースがあれば、折り畳みができて多くの方が階段の移動をする際も障害にもなりません。家庭用以外にも、業務用の機器があります。エレベーターの設置も相応な時間と費用を要しますから、用途に合った機器の設置により快適な生活を送りやすくなります。
お客さんとして利用した際、車椅子階段昇降機があることで付加価値が得られます。上手に宣伝をすることができると、お客さんの幅が広がり売上アップにも繋がるでしょう。

撤去する場合も簡単だと手間が掛かりません

収納スペースを確保しつつ長年車椅子階段昇降機を使用した場合でも、様々な事情で撤去をすることがあるでしょう撤去作業は販売業者が行ってくれますが、簡単にしてもらえると手間と労力を削減することに繋がります。
一方、ホームエレベーターの設置をした場合、相応に大がかりな工事を行います。撤去をする場合も、専門業者が行うでしょうが空いたスペースの活用は物置や押し入れなどとなるでしょう。概ね車椅子階段昇降機と比較しても、掛かる費用と設計に掛かる時間を要します。
中長期的に建物での生活を必要とする場合は、可能な範囲先を見据えて各種設置をすることでコスパの高さが得られます。自身で研究することはもちろん、信頼できる業者との相談しつつ納得したデザインを選ぶ必要があります。

車椅子階段昇降機にあれば良い機能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

階段で移動する場合、車椅子階段昇降機があれば負担軽減を図れます。形状に合った機器の設置はもちろん、屋内外に合わせたものを設置すると中長期的に快適な使用へと繋がります。
車椅子を乗ったままで階段昇降機の利用ができる点も、心強い要因となります。特に乗り込んだ際に安全バーが上昇したり、フットプレートも下降する機能があれば移動時に転倒を防いだり遊びをなくすことに繋がります。足をプレートに下ろすことができることで、乗っている際の負担も減らすことができます。
そのうえ、落下防止機能があることでも安全な使用ができます。降りる際も、自動旋回方式があれば着地点に合わせて降りることができます。概ねレバーやボタンなどで作動するシステムですから、用途に合わせて利用すると良いでしょう。

自動旋回方式以外でもつけておくと良いもの

階段昇降機を車椅子に乗ったまま使用できることは、機器の乗り降りの際に手間が掛かりません。慣れてきて自分一人で安心安全に使用することができると、快適な生活を送りやすくなります。
移動の際の安全性はもちろん、生活で予測できない事態に対応できる機器だとより信頼を確認できます。停電時には、無停電電源装置があれば一定時間使用することができます。階段昇降機の中で止まることなく過ごせるため、不安軽減を図れます。停止位置は、概ね最上と最下店の2カ所となっています。階段に踊り場などの停止できる所があれば、複数個所できることで生活の幅が増します。特に車椅子階段昇降機をずっと乗り続けることに不安を抱く場合には、安心感を得られます。

設置における業者選びのポイント

自動旋回方式をはじめ、車椅子階段昇降機には様々な機能があります。快適な使用をするためには、業者選びも一つのポイントです。
ホームページなどで実績と取り扱う商品がありますから、各種確認すると良いでしょう。特に年数が経っている業者だと、経験も豊富で信頼を図るポイントとなります。本社や営業所を設けている場合、近くにあればトラブル時も迅速な対応をしてもらえます。自動旋回方式をはじめ、機器の使用でわからないことがあってもサポートを受けやすいでしょう。
コールセンターを設けている場合や、見積もりの際のスタッフの対応を確認して印象が良ければ、中長期的にも安心して使用しやすくなります。一人一人のライフスタイルに合わせた機器の提供や設置について教えてもらえると、コスパの高いサービスが得られます。

車椅子階段昇降機のバッテリーとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車椅子階段昇降機が電気で作動をしている場合、バッテリーからの電力供給により動きます。特に充電器の設置が必要な場合は、階段の近くにコンセントがあると便利に利用できます。近年ではエコタイプなど省エネ性能の機器もあり、相応に電気代の節約をすることができます。
コンセントの差込口が遠くにあると、延長コードの使用も必要です。延長コードは、巻き付けや降りた後の移動時に躓いてしまうなどの怪我のリスクが高まります。消費電力も掛かるため、経済的にも良くないです。
新たに車椅子階段昇降機設置に合わせて、コンセントの場所を設ける必要があります。電気工事の専門業者に相談したうえで、目的に合わせた施工を依頼すると良いでしょう。

バッテリーの寿命について

バッテリーで作動する車椅子階段昇降機は、充電が完了すると相応に使用し続けることができます。その都度充電をすることで、切れてしまうなどのトラブルは起こることはありません。
バッテリーは消耗品ですから、毎日使用し続けると充電時間も短くなります。更に機器そのものに寿命があるため、期間を超えてしまうと充電はできなくなります。車椅子階段昇降機のタイプに合わせたバッテリーはありますが、概ね使用年数は決まっています。ただし、使用頻度や環境によっては短くなることもあります。定められた寿命を過ぎてしまったり、使用できる時間が短くなった場合には交換すると良いでしょう。その場合でも利用者が在宅の場合は、介護保険の適応ができたり行政の補助金制度を得られると、費用負担を抑えることにも繋がります。

ホームエレベーターの方が良いのか

家屋や福祉施設で階段の移動をする際、車椅子階段昇降機だけでなくエレベーターの設置も考えている場合があるでしょう。定期メンテナンスを専門業者から受けることで、不具合など生じても未然に防ぐことができます。移動の際も、室内ですから怪我のリスクは少ない点も特徴の一つです。
一方、ホームエレベーターの場合は電源を入れていたら終始作動している状態です。その分、電気使用量も要します。乗り込むスペースが箱型であるため、狭いと車椅子と介護者と利用者だけで一杯になりかねません。停電や災害に伴い、万が一閉じ込めにあってしまうリスクも生じます。
イメージを抱きにくい場合は取扱業者やリフォーム会社に予め相談したうえで、車椅子階段昇降機との比較をしたうえで選ぶと良いでしょう。

屋外で車椅子階段昇降機を設置する場合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住居や福祉施設など、屋外で介護者が生活をする場面があります。その際に用途に合った車椅子階段昇降機があると、屋外での生活を送る際に快適に過ごせるでしょう。
階段は、直線や急傾斜があるタイプなど様々です。安全性の観点でも、建築基準法に定めらてた評価をクリアした階段昇降機だと安心安全な利用へと繋がります。レールの幅が少なく、折り畳み機能があると介護者以外の方が生活をする場合でも場所をとりません。設置にあたり、幅が75cm以内だと問題ありません。ただし、曲線型の階段昇降機の場合では難しいです。その場合は、手すりを除去するなどの対策をとる必要が出て来ます。設置にあたりわからないことが出たら、取扱店のスタッフに相談すると良いでしょう。

屋外型車椅子階段昇降機は天候の考慮も必要

屋外で車椅子階段昇降機を設置する場合、天候によっても安全性の変化が生じます。特に雨雪が降れば、滑りやすくなり転倒などの怪我が発生しやすくなります。プラットホーム上にアルミ製の縞鋼板を設置し足り、滑り止めタイヤを付けることで各種リスク軽減を図ると良いでしょう。レール部分も亜鉛メッキにすることで、錆びにくくなり中長期的に使用しやすくなります。
近年では耐水性が高かったり、撥水加工をしている車椅子階段昇降機もあります。しかし、手入れをしなくては良いわけではありません。雨雪が降り濡れたまま放置してしまうと、汚れが付いたりなど見た目にも良くありません。少なくても軽く水滴をふき取る程度はしておくと長く快適な使用が見込めます。

その他付属しておくと良いシステム

車椅子式階段昇降機は、介護者はもちろん利用者も安心安全に使用することが第一です。屋内外それぞれに、トラブルを可能な範囲自分で防ぐことも大切ですが、回避できる機能があれば心強い要因にもなります。
屋外では、石や障害物などが置いている場合があります。各種障害物探知機能があれば、一時停止をしたりスピードを緩められるなどの機能が得られるでしょう。その分、安全性は高まります。
非常時に備えて、緊急停止機能もあれば良いでしょう。スピードを上げ過ぎている場合では、抑制できる機能も必要です。車椅子階段昇降機が押し続けて作動する場合では、下り坂などで速くなることもあるでしょう。利用している方の怖さも軽減するためにも、スピードの上限があれば安心した使用にもなります。各種購入前に、確認する必要があります。