固定式と移動式
2017.06.26

青いラインが入った飛行機成田空港の駐車場には大きく分けて固定式と移動式の2種類の駐車方法があります。

固定式とは、 駐車スペースへ利用者自らが車を留め、帰国するまで車を一度も動かす事なく、そのままの場所に置いておくシステムの事をいいます。
逆に移動式とは、その名の通り車を停めた後鍵を駐車場のスタッフに預け、スタッフが駐車場の空き具合を見て後から車を移動させるという方法をとっています。

固定式の良いところは、何と言っても自分の車を他の誰かに運転される心配がないという事ではないでしょうか。
駐車場のスタッフはプロとは言え、移動の際に車をぶつけてしまう可能性はゼロとは言えません。また車内に他人が入るのに抵抗を感じる方ももちろんいます。
そんな方も、固定式なら他人が自分の愛車を動かす事がなく、旅行中も車の心配をせずに安心して旅行を楽しむ事ができます。
固定式は鍵を預けないので旅行中の鍵の紛失には充分気をつけるようにしてください。

移動式は、駐車場の利用状況によってスタッフが車を移動させるタイプの駐車方法です。
急なキャンセルや、空きスペースをうまく活用する為に車を動かし、利用者の旅行期間によっては空港から遠い場所にある他の駐車場に一時移動させておくという場合もあります。
他人が車内に入りますので、貴重品はもちろん(固定の場合も貴重品は車内には置いておけません。)触られたくない、見られたくない物を車内には置いておかない事が重要です。

特に心配なのは、車の傷や他の車にぶつけたりしないか、などではないでしょうか。
毎日車を移動させている運転に慣れたスタッフが取り扱ってはいますが、移動式の駐車場はスペースにも限りがある場合が多いので、隣の車との間隔も狭く稀に車をぶつけてしまう事もあるようです。
また、移動式は複数の場所に駐車場を分散している場合があるので、行き届いた管理が出来ているかセキュリティーの面でも心配があります。
ですがその分料金が安めで利用しやすいというメリットもあります。

他人が車を動かしても特には気にならず、短期間だけの使用の場合には、値段もお得な移動式を。車好きでプライベートを重視するかたは固定式がオススメです。

移動式でも盗難や車の傷対策の為、駐車場側がすでに保険に加入している場合もあります。保険に加入していない駐車場でも登録時に個人で保険に入る事が出来るので忘れずに確認しておきましょう。

いかがでしたか?
自分の車の種類や利用期間などを合わせて条件に合った方式の駐車場を選んでみてください。

▲ ページトップへ